交通アクセス 診療時間 月別診療予定

横浜市金沢区の矯正歯科なら永井矯正歯科


歯を守るための基礎知識


神奈川県横浜市金沢区
「金沢文庫駅」徒歩3分

TEL 045-786-1182



妊娠中お口のケア、赤ちゃんのお口のケア

 

(1)歯の健康を維持するには、規則正しい生活が肝要です。


生活リズムをつくることでむし歯の危険性を減らすことが可能です。

 

(2)妊娠中のお母さんの歯について、誤解と正しい知識


 『妊娠すると、赤ちゃんに必要なカルシウムをとられてしまったり、歯からカルシウムが溶け出して歯がだめになる!?』

間違い!



妊娠中は、 唾液がネバネバしてくるので、食べかすが残りやすくなります。
また、「つわり」により、以下のようなことが起こりやくなります。


→ 吐きやすくなる。すっぱいものを好んで食べる。

→ 歯ブラシを口に入れることができない。口の中が酸性に傾く。

→ 食生活が不規則になりがち。


その結果、妊娠をして口の中や生活が変化することにより、これまであまり歯に問題を生じてこなかった人でも、むし歯や歯周病が起きやすくなるのです。


(3)乳歯は胎児のときにできている!

 乳歯は妊娠7〜10週目位からその芽になるものができ、妊娠4〜5ヶ月ころには石灰化が始まっています。石灰化に必要なカルシウムやリンは、お母さんの血液中から供給されます。

(4)お母さんの食生活が大事!


 おなかの赤ちゃんは、お母さんの食事から栄養をとっています。妊娠中の体重増加には気をつけなければいけませんが、必要な栄養は不足しないように、食事は規則正しくバランスをとるようにしなければいけません。

 

(5)生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいません!

 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌は存在せず、主に保菌者であるお母さんから、乳歯のはえはじまる3歳位の間にうつってしまうと言われています。

 →口移し、歯ブラシやスプーンなどの共用の注意

(6)噛むことの大切さ

重要 唾液の分泌の促進
重要 歯ぐきのマッサージ効果
重要 肥満防止
重要 味覚の発達
重要 硬い食べ物や、乾燥した食べ物を食べやすくする。


(7)硬い食べ物を食べさせればだいじょうぶ?


奥歯がはえそろわないうちは上手に食べることができません!

→ 丸呑み!

→ 子供の歯や口の成長、発達に合わせて!




(8)健康な歯を守るためには!!


重要 食べたら磨く
重要 正しい食生活
重要 間食を控える。食事は決められた時間にとる。
重要 フッ素の利用
重要 キシリトールの利用
重要 定期健診





横浜市金沢区の矯正歯科なら永井矯正歯科
永井矯正歯科医院

院長 永井宏人

日本矯正歯科学会専門医・認定医
神奈川歯科大学非常勤講師

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-14-5関口ビル3F
京浜急行線「金沢文庫駅」徒歩3分

ご予約・お問い合わせTEL 045-786-1182

トップページ][医院紹介][歯科医師紹介][診療時間][交通アクセス][診療カレンダー][初診の方へ][料金案内
矯正歯科治療のあらまし][悪い歯並びについて][矯正歯科治療の仕組み][矯正歯科治療の流れ

子供の矯正歯科治療][中学生,中高生の矯正治療][大人の矯正歯科治療
インプラント矯正 ][手術を伴う外科矯正 ][当院の矯正治療例


永井矯正歯科医院 (c) 2006-2009. all rights reserved.