交通アクセス 診療時間 月別診療予定

横浜市金沢区の矯正歯科なら永井矯正歯科


中学,高校生の矯正歯科治療


神奈川県横浜市金沢区
「金沢文庫駅」徒歩3分
TEL 045-786-1182



矯正治療の実際


 中学生ですと、生涯的な歯並びがほぼ完成している時期だと言えます。永久歯の歯並びの問題は、遺伝的要因や幼児期の習慣、また乳歯時の虫歯などによって生じることが多いのですが、すでに生えそろってしまった永久歯の歯並びが、その後自然に改善することはまずありません。




 悪い歯並びのため、噛む機能に問題があったり、虫歯になりやすかったりする状態は、矯正歯科治療によって改善することが可能です。歯の矯正はどちらかというと小学生のうちに行うイメージがありますが、中学生や高校生で、矯正を行うのに遅いということはありません。




 中学生・高校生では、永久歯がほぼ生えそろっているので 、マルチブラケット矯正装置による本格治療を始めることになります。矯正装置による痛みや違和感、食事の取りづらさなどは、数日で落ち着いてきます。また試験の時などは、ワイヤーの力を一時的に緩めるなどして日常生活に支障が出ないように治療を進めて行く事も可能です。




 なお、受験を控えた中学3年生や高校3年では、どうしても早めの治療が必要な場合以外は受験後に治療を開始し方が良いでしょう。その他、引っ越しなどがある場合でも一段落してからスタートする事が望ましいと言えます。




 学校生活では、運動部に入るなどして本格的にスポーツを始める方も多いでしょう。たとえばサッカーやバスケット、また柔道などの武道の場合、矯正治療中に人と激しく接触したり、顔にボールが当たったりすることを心配されるかもしれません。




 確かに、矯正治療を始めたばかりのデコボコしている歯並びの時期に、激しいスポーツを行った場合、唇が矯正装置ですれるなどして出血や炎症を起こすこともあります。しかし、それも歯並びが整ってくればなくなります。逆に、スポーツ時に激しい外傷を受けた際、矯正装置で歯を固定していたことが幸いし、歯の欠損を免れたという例もあります。

  実際に、カール・ルイスがオリンピックで金メダルを取ったときに、歯の矯正治療を行っている最中であったのは有名な話ですし、現役のJリーガーやプロ野球選手が矯正歯科治療を受けながら試合に出ているケースもあります。ですから、矯正治療を始めたからといって、スポーツで特別な制限を受けることはないでしょう。

 同様に吹奏楽部に入って管楽器を吹くこともあると思います。楽器によって色々なマウスピースがありますが、これもほとんど問題はないでしょう。




 また、夏休み等にホームスティのために外国へ行き、しばらく滞在するということもあるでしょう。これも事前にお伝え頂ければ、適切に対応致しますので、是非積極的に参加してください。

 したがって、矯正治療を受けるからといって学校生活に制限を受けるということはほとんどありません。



横浜市金沢区の矯正歯科なら永井矯正歯科
永井矯正歯科医院

院長 永井宏人

日本矯正歯科学会専門医・認定医
神奈川歯科大学非常勤講師

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-14-5関口ビル3F
京浜急行線「金沢文庫駅」徒歩3分

ご予約・お問い合わせTEL 045-786-1182

トップページ][医院紹介][歯科医師紹介][診療時間][交通アクセス][診療カレンダー][初診の方へ][料金案内
矯正歯科治療のあらまし][悪い歯並びについて][矯正歯科治療の仕組み][矯正歯科治療の流れ

子供の矯正歯科治療][中学生,中高生の矯正治療][大人の矯正歯科治療
インプラント矯正 ][手術を伴う外科矯正 ][当院の矯正治療例





永井矯正歯科医院 (c) 2006-2009. all rights reserved.